森のHARMONY

横浜から岩手県紫波の田舎に移住し紫波・盛岡の生活を中心にした話題を・・・森のharmony (田舎で種々雑多な混沌を楽しもう)

Entries

桜 さくら サクラ

24日(月)盛岡に行った時に 岩手牧場とか行って見ましたが、は未だでしたが、今日あたりは良いかも、でも雨!
雨のと言うのも興味はあるし、良いのではないかと 思うのですが、濡れて写真を撮ると言うほどの勇気はでないので、
皆さんのアップを期待したいと思います。

最初はその もう少しの岩手牧場。
その他は、盛岡からの帰り道、夕方でしたが、下水処理場に沢山並んでいるの木々。ここはR396沿いですが、花が咲くのが
早いのですが、何せ、背景が悪すぎて、何時もなら おお咲いたな、綺麗だな で終わるのですが、この時には、前のスーパーで
買い物をしたので、西日も当たり、綺麗だなと 何せ今年初めてと言ってよい、岩手のなので、アップで写真を撮ることに
しました。
風があって、枝が一時も静止しないと言う悪条件でしたが、SSを早めにして、連写して この程度ですから仕方ないです。
最後は 長岡で、ここのも今日は見事でした、雨で綺麗でしたが、通っただけ。

_MG_2677.jpg
_MG_2690.jpg
_MG_2696.jpg
_MG_2699.jpg
_MG_2741.jpg
_MG_2746.jpg
_MG_2750.jpg
_MG_2768.jpg

田舎の春風景

今日は夕方に盛岡に用があったので、午前中は花巻東和町の田瀬湖方面へ桜見物に出かけた・・・
桜は花巻大迫では まぁ綺麗でしたが、田瀬湖辺りはマダマダで後数日は要する具合でした。
一応、何時もの眺めの良い場所へ行きましたが、柳が綺麗だなぁと 写真を撮って帰ろうと思ったのですが、
下に財布みたいなものが落ちていたので、申し訳ない事ですが、開けてみたら、4万円ほど、綺麗に折りたたんで入っていました。
名刺でも入っていたら、連絡してやろうと思ったのですが、入っているのは 診察券類だけ、仕方ないので、警察はと検索かけたら
近くに警察はない。
盛岡に早めについて満開だという桜見物に切り替えて、帰途。
宮守を通っていたら、駐在所が見えたので、立寄って、広いものの届。
親切に届けて頂いて有難うという。中には中身だけ抜き取って財布を捨てるやつもいると言うので、なるほど と感心・・・
そこまでは 頭が回らなかった と言ったら、笑っていた。

どうも 今年の桜は 私が行くところでは、今一です。 桜の写真が無いと寂しいので、そのうちにアップ出来るように
頑張ります。

今日は、先日 空振りした 葛丸と山屋 への道の途中で撮ったものです。

_MG_2600.jpg
_MG_2607.jpg
_MG_2611.jpg
_MG_2619.jpg

水芭蕉 など

21日(金)に 秋田県の刺巻湿原と岩手県雫石町の 横欠と長山 に水芭蕉を見に行ってきたので、その時の写真をアップします。
花の写真は 花びらとか傷が付いているとみっともないので、現像した後で、分かる場合も多いので、撮る前によく観察するようには
してます。
時期的には 遅めよりは早めの方がよさそうでした。

秋田駒ヶ岳(岩手側から)

_MG_2498.jpg
_MG_2522.jpg
_MG_2532.jpg
_MG_2535.jpg
_MG_2549.jpg
_MG_2555.jpg

岩手山 一本桜付近
_MG_2546.jpg
_MG_2598.jpg

花見山 辺り

18日は花見山を見学して、帰途へ。
天気予報では雨かもと、夜中に豪雨になりましたから、写真のタイトルは 雨の花見山 とかに
しよう、良いだろうなぁ だけど、こんな豪雨じゃ が散ってしまわないかと心配しながら、
福島市内へ下って行きました。

福島市内は裏磐梯とは別世界で桃のが満開でした。

花見山には2度ほど行ったことがあり、近く迄 行けたはずと行きかけたのですが、一般駐車場はこちら と
アチコチに看板あり、そうだよな混んでるかもと思い、その指示にしたがったら、河川敷の専用
駐車場に着きました。
協力金500円を支払って、シャトルバス。 これは頻繁に運行されており、便利。

到着の場所から、10分程度あるくのですが、昔はこんな風ではなかったと思いながら、ブラブラ
歩いて行きました。
後で思ったのですが、昔の花見山のお宅の周りにも 散策コースが広がり、それなりの良い雰囲気
でした。

今回撮った写真はほゞ、その周りの散策コースで撮ったもので、所謂 花見山のコースを登りながら
撮ったと言うのは、殆ど、 ボツにしました。

昨日も天気が悪かったようで、今朝ほどまで、雨だったと言うのですが、月曜日にもかかわらず、
大勢の観光客がいました。大型観光バスも20台近く。ここも中国系の観光客が多かったです。

天気は 結局、 雨の花見山 ではなく、曇り時々晴れ と言う天気で、日が差すと花々は綺麗
でした。
花を撮っていると言うよりは、花に撮らされていると言う言葉の方がピッタリでした。

っと言う事で、風も吹いているのに、適切なシャッタースピードではない、又適当に撮っちゃった
と言う事で、手振れも多く、嫌になりましたが、もう行かないだろうと思い アップします。

_DS_8888.jpg
_DS_8894.jpg
_DS_8901.jpg
_DS_8904.jpg
_DS_8905.jpg
_DS_8918.jpg
_DS_8926.jpg
_DS_8927.jpg

twitterに蕗の薹のデカくなったやつを、蕗を煮るように佃煮風にすると美味いと書いたので、沢山収穫してきたのですが。
女房殿がが居ると言うので、窓から見たら、デカい。先ほど収穫していた辺りなんです。
慌てて、手元にあったSX50HSで連写をかけたら、良い具合の写真が撮れたのですが、なにせ手持ちでお任せ連写なので、ボケている。
二階に上がって、70D+600㎜+三脚を用意したら、出てこない、上に、木が邪魔して視界が悪い。
窓を開けたら、その音で、首を上げてこちらを見ている、なんか 目と目が合った気が・・・
ここにアップした写真は70Dです、twitterはSX50HSです。
この後暫く畑で何かを食っているようで出てこないし危ないので、爆竹を二階から投げてやったら、自分の住家、沼の奥の方向に
土手を登って行った。
バッタリとは出会いたくないものです。

_MG_5799.jpg

ps
関係ない話ですが、最近手持ちで撮る機会が多いのですが、ファインダーを右目で覗くので、私の場合、ストラップを短くして、
左の腕で引っ張れるようにして、テンションが張った状態でシャッターを切るのですが、最近kent白石さんやもろもろで、
左の肩とか胸骨?でカメラを支える、当然左目で見ると言う記事を目にする。玄光社のweb記事でも有名な写真家(外人です)
が、解説している記事もあり、やってみようかとちょっと構えてみましたが、慣れていないことをするのは大変だ。
大体、私は首が長いので、肩に乗せると、目はファインダーよりかなり上に位置する。どうするんだぁ!
カメラ下部にグリップを付ける必要があるか?

凍った桧原湖の風景 其の2

大変失礼いたしました。今日も凍った桧原湖の写真をアップします。

今日は天気が朝から良かったので、ヒョットすると、葛丸ダムの辺りは春気配が漂っているかなと思って出かけてみましたが、
未だ、10日ほどは早かったようです。花巻は桜満開だと言っていたのですが、山の中は春にはもう少し。

明日は、花見山の風景を少しアップする予定です。これも未だ現像していないので、これから現像の予定です。
写真を撮っても直ぐ現像しないと、その時の雰囲気を忘れてしまいますよね。
然し、天気が良いと、庭仕事をしなくちゃ、薔薇ちゃんの手入れをしなくちゃ とは思いつつも、ついフラフラと出かけて
しまうので、結局現像が後回しになるのです。
書くのを忘れるといけないので、今のうちに書いておきますが、刺巻の水芭蕉の群落で気が付いたのですが、水芭蕉も
あのくらいの群落で集団で咲いていると、ものすごい花の香りが一面を覆っているのです。いい香りで木道を歩くのが
本当に気持ちがよいです。
水芭蕉1個に鼻を近づけても分かるのですが、スケール感がまるで別物です。

と言う事で、下に凍った桧原湖風景をアップします。
6時半頃から、靄が出始めました、風で薄くなったりしますが、時間の経過と共に、靄は激しくなり、時にはカメラレンズが
曇るほどになりました。
この靄は夜中に土砂降りの雨が降ったのにも多少の影響があるのかも知れませんが、なかなか見ごたえのある風景でした。
あのスケール感は出せませんが、気持ちは汲んで下さい。そうそうこのカメラは5DSです、レンズの違いなのか、カメラの違い
なのかは詳しくはチェックしてませんが、昨日とはかなり違う雰囲気です。


_DS_8845.jpg
_DS_8867.jpg
_DS_8874.jpg
_DS_8876.jpg
_DS_8878.jpg

明日は 花見山、 明後日は 秋田・岩手 水芭蕉 をアップする よてい です。

*CommentList

左サイドMenu

プロフィール

morinoharmony

Author:morinoharmony
森のharmony へようこそ!
退職後 実家のある 盛岡から南20数km、国道が近いがクマちゃんも出没する森の中に住んでます。

庭では薔薇100本程。

横好き・・・
庭いじりと散策(毎日が発見)、
なんちゃってオーディオ、
指がついて行かないクラシックギター、
株式チャート研究(何で利益が出ないの!!??)、
何これ写真と写真行、
気ままな料理、
どれを取っても毎日が進歩?の過程ですが。

コメントもどうぞ。

最新記事

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード